そのMatching確率は平均1%と言われています

これで相手がどこをどう移動して、どのくらいの時間を過ごしたのかも把握できます。

法律的に、結婚している男女がパートナー以外の人と自分の方から性的関係になることを不貞と定めています。

すなわち、法律上では、性的に親密な関係ではなかったなら、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではありません。

性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。

浮気相手と会う曜日だとか時間帯がわかっていれば、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、調査費用は安くなりますよね。

だからといって、浮気の日時を知っているにしても、顔見知りにいって証拠の写真をゲットしてもらおうとしたって、無駄足になることが多いでしょう。

勘づかれないように写真を撮りたいときは探偵を雇うのが賢明でしょう。

夫の浮気相手のところに妻が談判に行ってとんでもない修羅場になってしまうのは、ドラマでも描かれることが多い光景です。

夫人の浮気現場にご主人が乗り込むことになると、殺人にまで到ってしまうサスペンスドラマも少なくありません。

配偶者の浮気の現場に自ら乗り込むのも選択肢の一つです。離婚も辞さない覚悟なら、試してもいいと思います。

探偵は依頼されたことのみを調査すればそれだけでいい訳ではありません。

不倫をしているのか調べていくと、思ってもみないトラブルが起こる時があります。

そんな状況になった時に、依頼者の立場を何よりも先に気にしてくれる探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。

探偵を信頼してもいいか判断するには、相談する時の様子などでじっくり考えて判断をすればよいでしょう。

食事や喫茶店を利用した時に発行されるレシートには飲食時の同席者の人数がわかってしまうように印字されている事もあるため、不倫と決定づける参考資料となります。

さらに、クレジットカード使用時の支出については月ごとに確かめるようにします。

仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、一人で泊まったにしては割高な宿泊費である場合には、誰かほかの人と一緒にいた想像されてしまう事があります。

例え、配偶者が浮気している場合でも結婚生活を解消したくないのなら浮気相手との逢引現場に向かうのはやめるべきです。

浮気していることが明らかになってしまうと配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、離婚を避けられない事態に陥ることがあるでしょう。